Hot Entry
新築マンションの魅力

防災への取り組み

地震や洪水、台風、大雪など日本はいろいろな自然災害の起きる可能性がどの地方でもあります。
ひとたび大きな自然災害が発生すると、ライフラインが破壊されてしまって、日常生活を送ること自体が困難になるケースも見られます。
最近の新築マンションを見てみると、このような自然災害が発生しても対応できるような防災システムを装備している物件が多いです。
たとえばマンションの敷地内に、防災備蓄倉庫を設置している物件は多いです。
生活必需品や食料、飲料水のように生きていくために欠かせないものはもちろんのこと、携帯ラジオや携帯トイレなども準備されています。
また倉庫の中には復旧するために欠かせない機材や住民救出のための工具類なども配備されている物件もあります。
大災害が起きると、停電してしまう恐れがあります。
特に地震の時には、電力の供給システムがズタズタになってしまうケースは多いです。
そこで自家発電システムを導入しているマンションは多いです。
自家発電システムを作動させることで、数日間は電力をまかなえるようにしている物件も多くみられます。
タワーマンションの場合怖いのは、エレベーターに乗っているときに地震に見舞われた場合です。
エレベーターの中で閉じ込められるケースもあります。
新築マンションの中には、安全装置のついているエレベーターを導入している物件もあります。
地震が発生した時に最寄りの階に停止させてドアが開きますので、閉じ込められる心配がなくなります。

Copyright (C)2017新築マンションの魅力.All rights reserved.