Hot Entry
新築マンションの魅力

狭小物件に住む

これまで見た中で堂々のベスト1に入ると思われる物件でした。
それはいわゆるワケあり物件でした。
見た目はごく普通のアパートでした。
しかしその中の一軒だけがワケあり物件だったのです。
狭小地に建てられたアパートだったためにそうせざるを得なかったのでしょう。
縦も横も100パーセント利用していました。
どのような物件かというと面積が二畳程度しかないのです。
しかも縦長です。
布団を普通に敷くことも困難だと思われます。
玄関のドアを開けると縦の部屋です。
床はフローリングで清潔感があります。
こんなにせまいのに流しは普通についています。
トイレとお風呂も立派です。
唯一肝心な部屋の部分が極端に狭いのです。
小さな押入れがついていました。
こんな物件に住むのはどんな人なのか非常に気になりました。
受験勉強中の学生が住むにはいいかもしれません。
子供部屋代わりに借りるのです。
もしこれが数千円なら住む人がいるかもしれませんがそれほど安くもないのです。
エリアの相場からすると格安ですが狭小物件のわりには安くはありません。
このようにワケありのマンションやアパートを探すなら経済的な負担を軽減することができます。
ちょっとした不便を忍ぶことさえできれば何の問題がない物件もたくさんあります。
また夜勤が中心の仕事をしているなら逆に日当たりが悪い方が昼間よく眠ることができていいかもしれません。
狭い部屋の方が落ち着くという人もいます。
狭いと掃除がとてもラクです。

関連サイト

Copyright (C)2017新築マンションの魅力.All rights reserved.