Hot Entry
新築マンションの魅力

使っていないソファー

そのために買ったのに、あるいはつくったのにまったく目的を果たしていないというのはよくあります。
はるか昔に大流行したぶら下がり健康器がブティックハンガーと化していたのはよくある光景でした。
買ってみたけど使っていないものというのはたくさんあります。
それが安いものならまだしも高価なものだと無駄です。
例えばソファーです。
日本のソファー普及率はかなりの数にのぼるとおもわれますが、実は実際に座っている人の割合は以外に少ないということが報告されています。
ほとんどの家庭ではソファーは床に座って寄りかかるのに利用しているというのです。
本来の目的を果たしていないことはあきらかです。
国内でソファー普及率は高いもののその歴史はそれほど長くはありません。
マンションは設計がほとんど洋式ですからそれに伴いソファーを置く習慣ができたのです。
そして本来は居間といっていたものはいつのまにかリビングになったのです。
リビングにはソファーというのが定番になりました。
床はフローリングであることが多いので床に座るのは楽な姿勢ではありません。
かといってソファーに座るのはなんとなく落ち着きません。
やはり床に座るのが落ち着くのです。
おそらく昭和生まれまでは皆そうではないでしょうか。
リビングでそだった世代はソファーに座るかもしれません。
このように時代と共にインテリアや家のつくりは変化しています。
それと共に家具の需要も変化しているのです。

Copyright (C)2017新築マンションの魅力.All rights reserved.