Hot Entry
新築マンションの魅力

マンション生活を選ぶ高齢者

一般的な住宅の寿命は三十年と言われています。
苦労してローンを払ってやっと手に入れた家の寿命が三十年とはずいぶん短いものです。
もちろん三十年たっても住むことはできます。
しかしリフォームや建て直しが必要になってくるのです。
家を持つというのは予想以上にお金がかかるものです。
また年を取ってくると一軒家にすむのは大変だという人も増えています。
一軒家はなにかと手入れが必要だからです。
庭の手入れも体力的にきつくなってきます。
花があると世話がかかりますが、ないのも寂しく思います。
極寒地域になると庭の植木に防寒対策をしなければいけません。
そうなるとやはりマンション生活がいいということになるのです。
若いときは庭付き一戸建てがいいと思います。
マンションなんてコンクリートの箱じゃないかと思うのです。
まるでゲージの中で生活しているようにさえ感じます。
しかし現実問題年寄りにとっては階段の上り下りさえ大変に思えてきます。
ですから年齢が行ってから分譲マンションを購入する高齢者は増えています。
高齢者にとって新しい環境に慣れるには若い人以上に時間がかかるかもしれません。
このようにライフステージの変化と共に必要とする家も変わってくるのです。
若いときには考えもしなかったようなことさえ起こるのです。
一軒家をもっていると地域の清掃活動などの参加が強制されることがあります。
年齢がいくとそれもかなり大変なことになります。
違約金も結構高いのです。

Copyright (C)2017新築マンションの魅力.All rights reserved.