Hot Entry
新築マンションの魅力

家賃はどうやって決まるか

家賃が30万近くするそのマンションはハイグレードでした。
都内に建つその物件に普通の人はなかなか住めません。
よほどの収入がないと住めません。
高級ホテルのような雰囲気です。
しかし部屋の広さはそれほどでもありませんでした。
2LDKのこぢんまりとしたとした部屋です。
こんなに狭くても30万するのです。
そもそも家賃はどのようにして決まるのでしょうか。
場所や建物の築年数で決まることが多いようです。
土地が高い場所ほど家賃は高くなります。
同じような間取りで同じような築年数でも地方にいけば半分ほどになります。
でも都内で勤務しているなら家賃が安いからといって郊外にすむのはこれまた別の問題があります。
毎日満員電車に乗って朝早く家をでるのは余分なエネルギーを消費します。
それなら都内の比較的安い物件を借りた方がいいにちがいありません。
都内でも格安物件はあるのです。
掘り出し物にあたれば低予算で便利な場所にすむことができます。
格安物件は大抵物件に理由があることから安い賃料で提供できるのです。
それはちょうど傷ありのマグカップが安く売られているのと同じです。
もしそのキズを受け入れることができるならお買い得です。
ワケあり格安物件のワケとはどういうものでしょうか。
たとえば物件が北向きでまったく陽が入らないなどです。
また家が傾いている、部屋が極端にせまいなどの理由です。
あるいは変形物件であるためちょっと生活しにくいという理由もあります。

関連サイト

Copyright (C)2017新築マンションの魅力.All rights reserved.