Hot Entry
新築マンションの魅力

自信への対策を考える

皆さんも「免震マンション」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
しかしその実態をどれだけご存知でしょうか。
日本では昔から地震という天災にかなり悩まされてきました。
それで建築基準法の中で耐震基準というものがしっかりと定められているのです。
この耐震というのは皆さんもイメージできる通り揺れに「耐える」強度を持った建物のことです。
それに対して免震というのは建物への地震の力を伝わりにくくするという考え方からきています。
でもそんなことが本当に可能なのでしょうか。
簡単に構造を説明すると地面と建物を絶縁いて、その間にアイソレーターと呼ばれる地震の揺れを吸収する装置を付けます。
そのようにして地震に備えることができるのです。
この免震マンションは揺れを伝えにくくし、建物の位置を常に同じ場所に戻してくれる免震装置と、振動をできるだけ短い時間で抑えるダンパーとによって構成されています。
この技術が日本でも採用され始めたのはそんなに昔からではありません。
年数で言うと20年弱のものです。
しかしこの免震マンションは今非常に人気があり、東日本大震災でもその効果を証明したのです。
これから新規で建設されるマンションの多くが耐震ではなく免震を採用するようになっています。
皆さんも建物の外観などだけではなく、その案税制に関して色々と考えてみると良いでしょう。
そうすればこの免震マンションを購入するというオプションも現実的なものになるのです。

関連サイト

Copyright (C)2017新築マンションの魅力.All rights reserved.